【価値観ポジショニング】ファイブウェイ・ポジショニング経営戦略のご提案

ファイブウェイ・ポジショニング経営戦略とは、
従来のマーケティングのポジショニングに、
「お客様の感じ方」を導入した、差別化のための戦略です。

価格 商品 アクセス サービス 経験価値

これら5要素のうち、

「圧倒的(5点)」を1つ、「差別化(4点)」を1つ、「業界標準(3点)」を3つ

該当市場の中で作るというのが、ファイブウェイ・ポジショニング戦略の概要です。

「予算には制約がある。あれもこれもとはいかない。どれからするのか」
「ビジョンの共有といっても、明確な方針でないとなかなかうまくいかない」
「安売り競争に巻き込まれずに、自社のブランドを構築・展開したい」

という問題に、わかりやすく、社内で共有しやすい形で戦略を構築できます。

会社全体が「正しい、1つの方向を向いている」企業ほど、効果・効率がよいものはありません。
エステルプランナーでは、会社が一つになることを目指し、ご提案をさせて頂きます。

 

参考文献

フレッド・クロフォード/ライアン・マシューズ、2013、『競争優位を実現するファイブウェイ・ポジショニング』、イーストプレス社。